「発明家」を好きという人もいるだろうし、嫌いな人もいると思う。なにも思わない人だって。君が考える「ドラマ」って、どうだろう?

「発明家」を好きという人もいるだろうし、嫌いな人もいると思う。なにも思わない人だって。君が考える「ドラマ」って、どうだろう?

目に見えない勘違い

↑ページの先頭へ
枠上

そよ風の吹く仏滅の午前はゆっくりと

ある曇りの日のこと、少年は母親からお使いをおねがいされ、はくさいとネギとぶた肉を買いにいく途中であった。
少年はほくそ笑んだ。
晩御飯はお鍋だ!やったぁ!…と。
しかし、事件は次の瞬間に起きた。
なんと、ズボンのポッケに入れていたおつかい用の千円札2枚が、無くなっているのだ!
少年はスーパーマーケットのレジに並ぶ前に、念のためズボンのポケットに手を突っ込んで確認してみたのだ。
そしてその瞬間、お金がないことに気が付いたのだ。
怒られるのを覚悟して、少年はしかたなく手ぶらで家路につくことにした。
次回からは、お金はクツの中かくつ下に入れることにしよう。
少年は奥歯をかみ締めながら、そう決心した。

気分良く口笛を吹く彼と失くしたストラップ
人類の70パーセントは水分だという調査もありますので、水は人間の基盤です。
水分補給を怠ることなく、みなさん活発で楽しい季節を満喫したいですね。
輝く日差しの中より蝉の声が聞こえるこの頃、いつもは外出しないという方でも外に出たくなるかもしれません。
すると、女の人だと日焼け対策に関して気になる方が多いのではないでしょうか。
暑い時期のお肌の手入れは秋に出てくるといいますので、やっぱり気にしてしまう部分かもしれません。
もう一つ、誰もが気を使っているのが水分摂取についてです。
まして、普段から水分のとりすぎは、良いとは言えないものの暑い時期ばかりはちょっと例外の可能性もあります。
というのは、たくさん汗をかいて、知らず知らずの間に体から水分が抜けていくからです。
外に出るときの自分自身の様態も影響してきます。
ともすると、自分自身が気づかないうちにわずかな脱水症状や熱中症におちいる可能性もあるでしょう
夏の時期の水分補給は、次の瞬間の健康状態に表れるといっても言い過ぎにはならないかもしれないです。
ちょっと外出する時も、小さなもので充分なので、水筒があればすごく便利です。
人類の70パーセントは水分だという調査もありますので、水は人間の基盤です。
水分補給を怠ることなく、みなさん活発で楽しい季節を満喫したいですね。
枠下 枠上

湿気の多い週末の早朝は足を伸ばして

ここ最近、娘が家の外で遊びたがらない。
蒸し暑いからだろうか、室内でお気に入りがすごくもらってふえたからか。
ちょびっと前までは、大変いつもの広場に出かけたがっていたのに、此の程は、わずかも出かけたがらない。
なんというか、父から見て、現在困ることもなく、気にしないがけれど妻はちょびっとでも気にしている。
けれど、日差しが強い場所で遊ばせるのも心配だ。

凍えそうな木曜の夜明けにカクテルを
布団に入ってそれでも、眠れないときは、新作映画を起き上がって見るのが楽しみ。
昨日の夜選んだ映画は、エスターという米国の映画だった。
主要人物、エスターは、ブライトだけれどちょっと変わった9歳の女の子。
ラストには驚きの結果が待っている。
これは見る経過で、結果が予想できる人がいるか疑問なくらい予測不可能な真実。
というのは、ドキッとするわけでもなく、ただただゾッとするような結果だった。
ストーリーは、日頃の私の真夜中の時を濃い物にしてくれる。
深夜のDVDは、絶対アルコールもお供しているので、体重が増加するのが恐ろしい。
枠下 枠上

一生懸命口笛を吹くあの人と月夜

セミもおとなしくなった夏の日の夜。
少年は家の縁側に座り、西瓜をほおばっていた。
かじってはスイカのタネを外に吐き出していると、ときどき種が遠くまで飛ばず、自分の服に落ちたりしていた。
傍に置いた蚊取り線香の匂いと、月が明るい蒸し返す夜、それからスイカの味。
少年はそれぞれを感じながら、明日はどんなことして遊ぼうかな、と思っていた。

気分良く走る彼とオレ
盆が近くなって、とうろう流しなどの催し物が近郊で行われている。
ほど近くのイベント会場では、竹や木で工作されたとうろうが飾られていた。
付近のイベント会場では、夜に電気のライトは付けられてなくてなくて、ろうそくの照明だけというのは、たいそうきれいだった。
竹やペットボトルの中でろうそくが光っていて、癒される灯りになっていた。
癒される照明が四辺の木々を煌々と照らしていてとっても幻想的だった。
枠下 枠上

気どりながら踊る兄弟と観光地

私の子供がマルモダンスにはまっている。
私たちは教えていないけど、3歳だけど頑張って踊っている。
テレビの中でマルモのおきての音楽が流れると、録画した映像を見たがって泣いてしまう。
保存した映像を見せると止まることなくずっと休むことなく見続けている。
親なので、テレビの映像を見ているよりも絵本を見たり、おもちゃなどで遊んだりするほうがいいと思うけれど、忙しい時はテレビなどにたよってしまう。
少しでも、いっしょに遊んであげたり、絵本を読んであげたりし続けたい。
大きくなったら必ず離れていくものだから、今だからこそいっしょに遊んでおくのも自分の為でもあると思う。

よく晴れた木曜の夜明けはひっそりと
ブームが去った今、任天堂DSに熱中している。
はじめは、英検対策に英語漬けや英語関係のゲームソフトを中心にしていただけであった。
だけど、ベスト電器でソフトを見ていたら、英語関係以外も目移りしてしまい、気に入るとすぐに購入してしまう。
ピクロスDSやマリオパーティー、桃太郎電鉄などなど。
変わったソフトで、トラベルシリーズも発売されている。
DSは、電車内などの少しの空き時間には有効活用できそうだ。
枠下 枠上

気分良く歌う妹とよく冷えたビール

北方謙三版の水滸伝の人間くさく凛々しい作中人物が、オリジナル水滸伝の108星になぞらえて、目立った人物が108人でてくるが、敵方、政府側のキャラクターも人間味あふれているのがいて、血が通っていると思える。
登場キャラクターに現実の人の様な弱さがうかんでくるのもまた、われを忘れるほどはまっていたわけだ。
弱いなりに自分の夢とか将来の為に能う限り チャレンジしているのが読みあさっていて興奮する。
読みふけっていておもしろい。
それでも、魅了されるキャラクターが悲しい目にあったり、希望がなくなっていく流れも胸にひびくものがあるから魅了される物語だ。

気持ち良さそうに吠える弟と草原
まだ行ったこともないロシアに、一度は行ければという夢を抱いている。
英語の学習に飽き飽きした時、ロシア語の基礎をやってみようかと思ったことがある。
結局、ぱらぱらめくったロシア語の初歩的な参考書をみて一瞬にしてやる気をなくした。
動詞の活用が突き抜けてややこしかったのと、会話の巻き舌だ。
ツアー客としてグルジアワインとロシアの料理を堪能しに行きたいと思う。
枠下
枠下
枠上

サイト内メニュー

枠下
Copyright (c) 2015 目に見えない勘違い All rights reserved.