「彼女」について論文や本を書くなら、どういったことを調べる?「そよ風」の由来や歴史とかかな。それとも、一個人の視点からの意見だろうか。

「彼女」について論文や本を書くなら、どういったことを調べる?「そよ風」の由来や歴史とかかな。それとも、一個人の視点からの意見だろうか。

目に見えない勘違い

↑ページの先頭へ
枠上

雹が降った平日の晩に散歩を

大学生のころよりNHKを視聴することがたいそう多くなった。
昔は、両親やじいちゃんが見ていたら、民放の番組が見たいのにと思っていたが、ここ最近は、NHKが嫌ではない。
楽しい番組がとっても少ないと思っていたけれど、ここ最近は、年配向け以外のものもふえた。
そして、かたい内容のものも好んで見るようになった。
それから、攻撃的でない内容のものや息子に悪影響がとても少ないものがNHKは多いので、子供がいる今は見やすい。
民放では、アンパンマンですらたいそう攻撃的のように見える。
いつも殴って解決だから、子供も真似するようになってしまった。

ひんやりした日曜の午前はゆっくりと
笑顔って素敵だなーと思っているので、できるだけ笑顔でいるように心がけている。
なるべく、時と場合を考えて。
しかし、他の人にそんなものだと強制しては良いとは言い難い。
結局は、一概には言えないが、自身の概念として。
先程までシリアスな顔で必死で仕事していた人が、笑った瞬間。
これも大好き。
笑いじわできる人がタイプ!と話す友達。
その気持ちも納得できるかもしれない。
枠下 枠上

湿気の多い休日の明け方は料理を

ここまでネットが普及するとは、子どもだった私は全く分からなかった。
品物を売る商売の人は今から厳しくなるのではないかと考える。
インターネットを使って、どこより価格の低い物を発見することが難しくないから。
競争がピークになったところでこのごろよく見かけるようになったのが、成功のためのセミナーや商材販売だ。
もはや、手段が売れるようにな時代で、何が何だかピンとこない。
手段と目的を取り違えてしてしまいそうだ。

具合悪そうに口笛を吹く家族とわたし
一年の中で、梅雨の時期がなぜか好きだ。
部屋の中はじめじめするし、出かければ雨に濡れるけど。
一つの理由として、子どもの頃、この時期に見られる紫陽花が美しく、それ以来この花が咲くのを楽しみにしている。
出島で知り合い付き合い始めた、シーボルトと瀧のアジサイデート秘話を知っているだろうか。
オランダ人に紛れて日本へやってきた、医師のシーボルトが、アジサイを見ながら「お瀧さんと同じくらい美しい花だ」と言う。
雨の日に可憐に咲くアジサイを見ながら何度も、お瀧さん、お瀧さんと口にした。
それが訛ってしまい紫陽花はオタクサと異名を持つようになったらしい。
枠下 枠上

前のめりでダンスする彼と花粉症

タリーズでもロッテリアでもどこででも香り高いコーヒーを飲める。
もちろん、家でインスタントでも飲めるし、どこかで

私が好きなのがスタバだ。
全席ノースモーキングと言うのは、煙草の煙が嫌いな私にはポイントが高い。
なので、コーヒーの匂いを楽しめる。
価格も安いとは言えないが、美味しい豆が使用されているのでコーヒー通には最高だ。
甘い物が好きなので毎回コーヒーと一緒に、ついついスイーツなどオーダーしてしまうという落とし穴もある。

どんよりした土曜の昼はこっそりと
少年はとても腹ペコだった。
もうじき夏休みという頃、学校からトボトボと帰っていた。
セミがけたたましく鳴いていて、陽の光は強く、夕方とはいえまだまだお日様は沈む気配はなかった。
少年は汗をかきつつ一人で歩いていた。
友達と一緒に下校するときも多いが、今日は大変空腹だったから、早く帰宅してとにかく何か食べたかった。
少年が狙っているのは、昨夜のカレーの残り。
昨夜のカレーは、まだ鍋に少し残っていた気がする。
ご飯だっておそらく、余りが冷蔵庫にあったはず。
少年はカレーの匂いを想像しつつ、足早に家へと向かった。
すると体中に、汗がますます流れ出した。
枠下 枠上

蒸し暑い平日の夜明けは外へ

辺ぴなところに住んでいたら、ネットショップでものがお手軽に購入できるようになったのが、めっちゃ便利だ。
その理由は、まともな本屋が市内に2軒だけしかなく、品ぞろえも悪いから、買いたい本も手に入らないからだ。
取り寄せるよりネットショップで購入するほうがお手軽だ。
だって、本屋に行くだけで原チャで30分かかるから非常にめんどうだ。
オンラインショップに慣れたら、他のものもオンラインショップで購入するようになった。
他のものもインターネットで購入するようになった。
家電は、ネットのほうが絶対に安価で、型番商品は確実にネット買いだ。
ただ、実物は見てみたいから、近くの家電量販店で、見てから最終的に決める。

蒸し暑い大安の午前は立ちっぱなしで
近頃のネイルは、3Dアートなど、とても高い技術が使用されているみたいだ。
ちょっとだけサービスしてもらえるインビテーションを譲ってもらえたので来店した。
かなり、カラーやデザインに関して、こだわってしまうので、決定するのに時間を要した。
親指にちょっとネイルアートをしてもらって、感動しテンションが高くなれた。
枠下 枠上

息絶え絶えで自転車をこぐ弟とよく冷えたビール

友達のチカコは賢いやつ。
頭が良いんだろうなーと思う。
あまり他者を否定したりはしない。
あれ?と感じても、少しでも相手の考えも重視する。
なので、考えが広がるし、強くなるのだ。
意見を譲らない事より、こうしている方がちかこにとって気分がいいのかもしれない。
自分が傷つかなくてすむやり方、経験を経験値にする方法をよーく分かっている。

ゆったりとダンスする彼と月夜
営業用でいくつかスーツに合うYシャツを持っているけれど、大体チョイスするときに多く試しに着てみる。
それだけ、シャツにこだわってしまうのも変わってるかと思った。
すると、仕事先で、シャツはオーダーでという方がいらっしゃったので、驚いた。
けれど、シャツ一枚でカッコよく見えるのはいいな、と思った。
枠下
枠下
枠上

サイト内メニュー

枠下
Copyright (c) 2015 目に見えない勘違い All rights reserved.